スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吉池旅館(箱根湯本温泉 神奈川県)

yosiike


【源泉】 湯本温泉(湯本第12,72,84,89,99,112号混合)
【泉質】 ナトリウム・カルシウム-塩化物泉 (低張性・アルカリ性・高温泉)

【時間】 11:00~15:00 
     ※ 入浴2時間まで
【料金】 大人2,000円 (タオル・バスタオル付きレンタル)
     小人1,500円 (タオル・バスタオル付きレンタル)

【住所】 神奈川県足柄下郡箱根町湯本597 【yahoo! Mapへ移動】


 箱根のなかでも最も古い歴史を有する箱根湯本。江戸時代には湯治場として栄え、明治に入ってからは保養所・観光地としても脚光を浴び、多くの著名人が滞在したことでも知られていますが、今回はそんな著名人の中でも三菱財閥二代目 岩崎弥之助ゆかりの和風建築が残されているという、箱根の老舗・吉池旅館を訪れてみました。旅館の正面だけ見ると、いかにも大型温泉旅館風の素っ気ない面持ですが、一歩中に入れば敷地面積一万坪という広大な庭園が広がり、明治三十七年に建てられたという旧岩崎弥之助邸別邸は国の登録文化財にも指定されています。日帰り入浴のプランも豊富で、これを利用すればかけ流しの温泉と庭園の散策、いずれも気軽に楽しむことができます。

  詳細はHPにて 箱根湯本温泉 吉池旅館
  HPトップページはこちら ⇒ 旅の道標





にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

続きを読む

スポンサーサイト

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

弥坂湯(箱根湯本温泉 神奈川県)

yasaka


【源泉】 湯本温泉(湯本第29号、第46号混合)
【泉質】 アルカリ性単純温泉 (低張性・アルカリ性・高温泉)

【時間】 9:00~21:00 
     ※ 入館は20:30まで
【休館】 木曜日
【料金】 650円 (箱根町住民以外)

【住所】 神奈川県足柄下郡箱根町湯本577 【yahoo! Mapへ移動】


 県下でも有数の温泉地として知られる箱根湯本。温泉旅館や土産物屋が軒を連ねる湯本の駅周辺はシーズンを問わず多くの観光客で賑わっていますが、箱根湯本も旧東海道のあたりまで足を延ばせば、駅周辺の喧騒が嘘のように静かな佇まいを見せてくれます。今回はそんな旧東海道沿いにある町営の共同浴場 弥坂湯を訪れてみました。瀟洒な温泉も勿論良いですが、こういう昔ながらの共同湯にも素朴で不思議な魅力があって、ついつい足を運んでしまいます。この季節はお湯の温度が少しぬるめで、小さな湯船を独占してのんびり長湯を楽しむことができました。

 ※ 弥坂湯には駐車場が見当たりませんでした。(近くの早雲寺などに駐車場があります)

  詳細はHPにて 箱根湯本温泉 弥坂湯
  HPトップページはこちら ⇒ 旅の道標





にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

続きを読む

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

国民宿舎 箱根太陽山荘(強羅温泉 神奈川県)

taiyou


【源泉】 大涌谷温泉(蒸気造成混合3号泉 強羅方面)
【泉質】 酸性-カルシウム-硫酸塩・塩化物泉

【時間】 11:00~16:00頃 
【料金】 1,000円(小学生700円、乳幼児500円)
     ※ お部屋休憩の場合は入浴料込2,500円/人(3時間まで)

【住所】 神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320-375 【yahoo! Mapへ移動】

【HP】 国民宿舎 箱根太陽山荘のホームページ


 古くからの温泉地として知られる箱根には個性豊かな名湯とともに、建物自体が文化財として登録されているような歴史有る旅館が今でも残っていて訪問者をどこな懐かしい気分にさせてくれます。昨年八月に訪問した箱根太陽山荘もそんな宿の一つ。本館は昭和初期、別館は大正時代の建築でともに国の登録文化財に指定されています。お湯は大涌谷の造成泉で、透明感のある微白色の濁り湯。湯屋は新築でとても綺麗。平日ということもあってか入浴客は自分一人で、のんびり過ごすことが出来ました。

  詳細はHPにて 強羅温泉 国民宿舎 箱根太陽山荘
  HPトップページはこちら ⇒ 旅の道標





にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

続きを読む

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

女帝の湯(奈良田の里温泉 山梨県)

narada


【源泉】 奈良田の里温泉
【泉質】 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (低張性・アルカリ性・高温泉)

【時間】 9:00~19:00 
     ※ 冬季(11/1~3/31)は18:00まで
【休日】 水曜日(祝日の場合は翌日、木曜日) 
【料金】 500円(子供200円)
     ※ 休憩室利用の場合は入浴料込1,500円(子供500円)

【住所】 山梨県南巨摩郡早川町奈良田486 【yahoo! Mapへ移動】

【HP】 奈良田の里温泉のホームページ(早川町役場)


 南アルプスに端を発する早川の流域には泉質の良さで知られるいくつかの温泉地があり、多くの温泉ファンを魅了しています。今回はそんな早川流域の温泉群の中でも最上流に位置する奈良田温泉を訪れてみました。いくつかの温泉宿や温泉民宿がありますが、今回訪れたのは奈良田の里温泉女帝の湯。町営の日帰り温泉ということもあって気軽に利用できます。お湯は硫黄の甘い香り漂う、とても柔らかな肌触り。なかなかの名湯です。もちろん源泉かけ流し。場所が場所だけに行くだけでも大変ですが、近くまで来たらぜひ足を伸ばしてみたい所です。

  詳細はHPにて 奈良田の里温泉 女帝の湯
  HPトップページはこちら ⇒ 旅の道標





にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

続きを読む

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

旅館登美屋(関温泉 新潟県)

tomiya


【源泉】 関温泉
【泉質】 ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉 (低張性・中性・高温泉)

【時間】 要確認
【休日】 要確認 
【料金】 500円

【住所】 新潟県妙高市関山6087-25 【yahoo! Mapへ移動】

【HP】 旅館登美屋のホームページ


 秋晴れに誘われて妙高山に出かけた帰り、登山口からもほど近い関温泉を訪問してみました。関温泉は「源泉100パーセント掛け流し宣言」を行うなど温泉地あげての活動をされているようで、今回は「御入浴出来ます」の看板が目に付いた登美屋旅館へ寄らせて頂きました。お湯は鉄分を含んだ褐色の濁り湯。立ち寄り客に対しても応対が丁寧で気持ちよく利用させてもらいました。

  詳細はHPにて 関温泉 旅館登美屋
  HPトップページはこちら ⇒ 旅の道標





にほんブログ村 旅行ブログ 温泉・温泉街へ

続きを読む

テーマ : 温泉
ジャンル : 旅行

カウンター
プロフィール

aralagi

Author:aralagi
 
こんにちは。
管理人の蘭(aralagi)です。

登山、峠道、温泉、古社をテーマとした「旅の道標」というホームページを開設しております。

ホームページは⇒こちら

BLOGはHPのインデックスとしての位置づけです。HP記事へのご指摘やコメントがありましたらお気軽にどうぞ。

詳しいprofileは⇒こちら

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。