スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江戸時代の神社:新編相模国風土記稿 (足柄上郡)

【新編相模国風土記稿(足柄上郡)の神社一覧】

  新編相模国風土記稿に記載されている寺社のリスト化を進めています。

 以下は、風土記稿記載(足柄上郡)の寺社を抜き出して村単位でリスト化したものです。また、googleマイマップを利用して各村落の位置をプロットしてみました。位置は村内に存在した寺社の現在地で代表しています。(現在地が不明なものは公共施設などで代表)
 こうしてみると、鎮座する神社の種類・社号には地域的な偏りや特色が結構あるみたいですね。

 興味の有る方はリンクを辿ってHPをご覧下さい。



  詳細はHPにて ⇒ 新編相模国風土記稿 記載神社一覧(足柄上郡)
  HPトップページはこちら ⇒ 旅の道標





にほんブログ村 歴史ブログ 史跡・神社仏閣へ
スポンサーサイト

テーマ : 神社めぐり
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

佐護の意味について

 お世話になります。

長崎県対馬市在住の大江と申します。
対馬市上県町に佐護(さご)の集落があります。
佐護の意味を調べていますが、よく分かりません。

ところが偶然佐護神を発見しました。
『新編相模国風土記』の大井庄湯触村の条に
「熊野社  神職  佐護神 末社」とあります。

 この佐護神とはどんな神様でしょうか。
熊野神社の末社なので修験に関係する神様とも想像してます。
佐護神に関する伝承や資料をご存知でしたら
教えていただきたくお願っています。

 よろしく お願いいたします。 


 

佐護につきまして

大江正康様

コメント頂きましてありがとうございます。

湯触村 熊野社の末社「佐護神」につきましては、
正直良く知りません。申し訳ありません。

ただ、この「佐護神」は「社宮司神(ミシャグジ神)」の
ことではないかと思います。
ミシャグジ神も謎の多い神様ですが、
信州、諏訪を本源とする古い土着の神と言われています。
ミシャグジには多くの字があてられ、
その中の一つに佐護と書く場合もあるようです。

長文になりそうなので、メールの方にも返信させて頂きました。
カウンター
プロフィール

aralagi

Author:aralagi
 
こんにちは。
管理人の蘭(aralagi)です。

登山、峠道、温泉、古社をテーマとした「旅の道標」というホームページを開設しております。

ホームページは⇒こちら

BLOGはHPのインデックスとしての位置づけです。HP記事へのご指摘やコメントがありましたらお気軽にどうぞ。

詳しいprofileは⇒こちら

最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログ内検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。